忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
リンク
アーカイブ
プロフィール
HN:
第六天
HP:
性別:
男性
趣味:
夜の散歩・長距離サイクリング、TVゲーム、アメリカンフィギュア収集、レゴブロックいじり
自己紹介:
レゴブロック・お城シリーズとアメリカン・フィギュア及び武装神姫、PSのB級ホラー・アドベンチャーゲームをこよなく愛する紳士です。

●アーティスト・バンド●
・ASH
・Limp bizkit
・マリリン・マンソン
・ナタリー・インブルーリア
・LUNASEA
・PIERROT
・再結成する前のL'Arc‐en‐Ciel
・YKZ
・tohoko
・OLIVIA
・新谷良子
・marble
・妖精帝國

―他多数―

●尊敬する人物●
・李 書文
・李 連杰(ジェット・リー)
・小杉十郎太(声優・モルダー!)
・徳山秀典(俳優・伊沢マサキ役等)
・東方不敗マスターアジア(王者の風)
・サーマート・シリントゥ(無敗王者)
・夜行妃古壱(弐号立会人)
・伽羅(元・零号立会人)

●尊敬するボクサー●
・粟生隆寛
・佐藤幸治
・長谷川穂積(人となりが好き)
・クリスチャン・ミハレス
・ナジール・ハメド
・フロイド・メイ・ウェザーJr
・シュガーレイ・レナード

●好みの声/憧れる声●
・能登麻美子
・田中敦子
・皆口裕子
・小杉十郎太

●漫画・映像●
・ARIA
・藤原ここあ作品
・ネギま!
・スパイラル~推理の絆~ &アライヴ
・喧嘩商売
・空手小公子
・女神の鬼
・少女ファイト
・ヒャッコ!
・初恋限定。
・陰陽大戦記
・ベイブレード シリーズ
・舞-HiME プロジェクト シリーズ
・学園ユートピア まなびストレート!
・ひだまりスケッチ
・けいおん!
・セラフィムコール
・機神大戦ギガンティック・フォーミュラ
・ゼーガペイン
・電脳コイル
・学園戦記ムリョウ
・夏目友人帳
・巷説百物語
・蟲師(TV+漫画)
・ホーリーランド(ドラマ+漫画)
・R.O.D.(THE TV & OVA版)
・攻殻機動隊(映画版除く)
・花舞台(NHK古典芸能番組)
・X-ファイルシリーズ(神)
―他多数―

●ゲーム●
・アカイイト
・アオイシロ
・EVER17
・メモオフ
・アマガミ
・シスプリ
・NOel
・ICO
・零シリーズ
・PERSONA2・3・4
・パラサイト・イヴ2
・夕闇通り探検隊
・トワイライトシンドローム探索編・究明編
・クロックタワー1・2・ゴーストヘッド
・マリア~僕たちが生まれた理由~
・学校であった怖い話S
・ダークシード
・MISTシリーズ(CYAN社製作)
・鉄拳シリーズ
・サムライスピリッツ(特に天草降臨SP)
―他多数―

●お勧めアメフィグ●
-SPAWN-
・GUNSLINGER
・BLACK KNIGHT
・BLACK KNIGHT 3
・THE BLACK HEART
・SPAWN I.039(REPAINT)
・SPAWN Ⅳ
・SPAWN 10th ANNI
・MEDIEVAL SPAWN Ⅱ(RE)&Ⅲ
・hsi.2 RS 2(WAL-MART)
・THE DARK AGES I.023
・SKULL SPLITTER(R3)
・COGLIOSTRO REPAINT
・GRAVE DIGER(1&2)

-その他-
・Kenner 製 PREDATOR
・BLAIR WITCH(1st)
・RED RIDING HOOD
・REVOLVER OCELOT 1&2
フリーエリア
最新記事
(11/19)
(11/19)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
最古記事
最新コメント
[05/04 Charlesfum]
[03/31 Ahegomej]
[03/27 Asamurub]
[03/19 Aanasah]
[03/12 MichaelCem]
最新トラックバック
RSS
ブログ内検索
バーコード
カウンター
わたくし 第六天が、日常の出来事や好きなものについて自由に語る、まとまりのない雑記BLOG・・・もとい、チラシの裏にでも書いてろ的なBLOGです。
PAGE | 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遂に最終回を迎えた、我等がゼーガペイン

リアルタイムでアニメにハマッたのは、ホントに久しぶりでした。

最初は、ただ音楽に惹かれて見始めた番組でしたが、深い味わいがあり、気付けばハマッていました。

ダークな設定やストーリーも、熱血前向き(一直線馬鹿?)主人公「十凍 京」にかかれば、アラ不思議。 自然とストレスなく見ることが出来る作品に早変わり。

「幻体」というデジタルな設定の中に、「人の死」を組み込んでいるところなども、素晴らしい位に良く出来ていました。
世界の真実を知り、多くの仲間の死を乗り越えながら強く成長していく主人公も、非常に好感が持てて良かったです。

賛否両論ありますが、俺はこの作品、最高の出来だったと思います。

一見の価値あり!!

 

そして、最終話

森羅万象(ありとあらゆるもの)』

 

一人、幻体から生身の肉体に戻ったキョウ。

シズノに地球のデフテラ領域殲滅を任せ、最後の敵、アンチゼーガ・マインディエを駆るアビスと対峙します。
この戦いが、とにかく熱かった。 今までのキョウのバトルの中でも、トップでした。

まず、相棒シンと無限の命を失い、完璧にキレたアビスとコクピット開け放ち対峙、生身でクロスカウンター。 Gガンダム並の熱血です。

そして、そのダメージによるショックからか、アンチゼーガに取り込まれるアビス。
圧倒的なパワーをもって、キョウを追い詰めます。

この時、腕の装甲をブレードにしたり、爪を生やしたりするアンチゼーガを見て、
「なんでもありかよ!」て叫ぶキョウが、凄くらしくてカッコ良かった。

そして、ロボットものでは絶対ある奥の手、ゼーガペイン最終形態(キョウが言うには裏技)「バニッシュメント・モード」発動!!(ただし左腕だけ)
必殺、舞浜シャイニングオーシャンパンチ!がアンチゼーガに炸裂します。

おもいっきし、ロケットパンチです。 しかも、派手なわりにトドメ刺せてない!!
(左腕失っちゃったし)

そして、最後の力を使って、特攻してくるアンチゼーガ。

両手が使えないため、最大展開した光の羽(Vガンダムじゃ無いよ?)で、串刺しにするキョウ。 さり気に酷いトドメです。



そして、話は少し前のシーンに戻りますが、アビスとキョウが闘っている時、リョーコとシンが公園で再会します。

復元する為の肉体を全て失ったため、瀕死から復活することが出来ず、シンの幻体(命)は消えていきます。
そんなシンに駆け寄り、抱き上げるリョーコ。 シンはリョーコを「友達」と呼び、消滅します。

感動です・・・・。 今どきの淡白な作品とは、一線を画します。



そして、ほぼ時を同じくし、敵のセキュリティーに足止めされていたシズノの元に、アルティール内のサーバーから、仲間達が駆けつけます。

敵の攻撃からシズノを護る仲間達、そのサポートのおかげで、シズノは見事、地球のデフテラ領域を殲滅する事に成功します。



と、言う事で、見事勝利を収めたキョウ達ですが・・・・、疑問が一つ。

 

 

敵の親玉、ナーガはどうした?

 

 

まさか、最後地球の大気圏内で爆発した物体がそう?

 

 

・・・ま、いいや! あいつ、キャラ薄かったし!!

 

取り敢えず。 その後、循環期限を一学期間から一年間まで延ばした舞浜で、皆は平穏な日々を過ごしていました。

そこには、キョウの家族(父親、妹は存在自体が初お目見え)や、ハヤセの彼女等、今まで見えなかった人物も居ます。
ルーシェンとメイウーも回復し、生徒として学校に通っているようです。

そして、シズノですが・・・・、どうやら記憶を失った様で。
性格も、以前のクールさを失い、世間知らずのお嬢様みたいな感じになってます。

でも、幻体修復プログラムのバージョンアップ(多分、キョウの研究成果)により、いちシステムに過ぎなかったシズノも、肉体を持った人間になれる事が判明!
至れりつくせりです。 お見事!!

メイウーの、「シズノ・リョーコ・キョウの三角関係勃発説」も、面白い。 つーか、続きが欲しくなる様な事言うな!!!

 

んで、我等が主人公、キョウはと言うと・・・・。

 

なんか、南の島っぽいところで黄昏てます。 海パン一丁で

日焼けした肌と、長く伸びた髪をマトメ上げている姿を見て、「何と無く、BLOOD+のカイとその親父を思い出すなあ」と思ったのは俺だけでしょうか?

そして、唯一肉体を得た者として、幻体修復プログラムを復元しているキョウですが、この姿を見て、研究者と思う人間はいるんでしょうか?

・・・まあ、そんな素朴な疑問は置いておいて。


未だ幻体のままのリョーコと、浜辺で語り合うキョウ。

「後二年で完成させて、卒業に間に合わせる」と、リョーコに約束します。

そして、浜辺で話すキョウ達の前に、残党狩り帰りのイソラ艦がステルス状態で現れる。 イソラ艦長は最後まで用心深いなあ。

何の用向きで来たのかというと、どうやら、キョウに食料を持ってきたようで(発掘品の缶詰、・・・食えるの?)
つか、キョウの食料をイソラの船まで持ってきたフリスベルグ。
そのパイロットであるクリスとメイイェンですが・・・・、デキてるんやねえか? コレ。

 ああ、アーク・・・・。

 

 

そんなこんなでエンディング。

今回は、OP曲の「キミへ ムカウ ヒカリ」。
まあ、それ以外は特別な仕掛けも無かったし、最終回にしては地味なエンディングロールでした。

 

「ああ、終わったな」と、余韻に浸っていたら、もう1シーンありました。

「・・・って、あれ?カミナギリョーコ、妊娠してる?」 あらら、シズノ先輩はフられたんですね。

いや、もしかしたら2人共手に入れたとか? ああ、ルーシェンも居るから3人か(!!

 

まあ、なんにせよ、スッキリとした終わり方で良かった。
往年のガンダムの様に、最後に仲間が皆死んだりしたら、ショックで立ち直れなくなるトコでしたね、ええ。 マジに良かった、ハッピーエンドで。

 

で、テンション上がったので、ゼーガ公式ホームページをチェック。

そしたらば、スペシャルの項目に、人気投票ランキング結果発表の文字。

「あれ?こんなんあったっけ??」

スペシャルはおろか、公式も月1くらいでしかチェックしなかったので、気付きませんでした。

 

ちっくしょー、と思いながらも、結果を見てみると・・・

1位 守凪 了子

2位 三崎 紫雫乃

3位 ミナト

4位 ルーシェン

5位 十凍 京

6位 メイウー

7位 シマ

8位 クリス

9位 ハヤセ

10位 メイイェン

 

キョウが五位? 有り得ねえ!! こんなの、俺が全部ぶち壊してやる!!

と言う事で、ランキング改ざん。

 

1位 十凍 京

2位 イソラ

3位 三崎 紫雫乃

4位 フォセッタ/同位 ミナト

5位 おミズ

6位 ルーシェン

7位 リチェルカ

8位 トガ&メイヴェル

9位 クリス

10位 守凪 了子


・・・普通に有り得ねえランキング。 同位を除けば、半分がサブキャラだよ!!

でも、まあ、俺に賛同してくれるモノ好きも居る事でしょう。 ・・・2人くらいは。

良し! 皆で作ろう、キョウもしくはイソラ同盟!!(なんのこっちゃ)

 

よし、今からキョウの名場面(ほぼ毎話の戦闘シーン)を見直すぜ!!

 

PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)月夜を闊歩 ブログ管理者 第六天
Blog Skin by TABLE E.NO.CH