忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
リンク
アーカイブ
プロフィール
HN:
第六天
HP:
性別:
男性
趣味:
夜の散歩・長距離サイクリング、TVゲーム、アメリカンフィギュア収集、レゴブロックいじり
自己紹介:
レゴブロック・お城シリーズとアメリカン・フィギュア及び武装神姫、PSのB級ホラー・アドベンチャーゲームをこよなく愛する紳士です。

●アーティスト・バンド●
・ASH
・Limp bizkit
・マリリン・マンソン
・ナタリー・インブルーリア
・LUNASEA
・PIERROT
・再結成する前のL'Arc‐en‐Ciel
・YKZ
・tohoko
・OLIVIA
・新谷良子
・marble
・妖精帝國

―他多数―

●尊敬する人物●
・李 書文
・李 連杰(ジェット・リー)
・小杉十郎太(声優・モルダー!)
・徳山秀典(俳優・伊沢マサキ役等)
・東方不敗マスターアジア(王者の風)
・サーマート・シリントゥ(無敗王者)
・夜行妃古壱(弐号立会人)
・伽羅(元・零号立会人)

●尊敬するボクサー●
・粟生隆寛
・佐藤幸治
・長谷川穂積(人となりが好き)
・クリスチャン・ミハレス
・ナジール・ハメド
・フロイド・メイ・ウェザーJr
・シュガーレイ・レナード

●好みの声/憧れる声●
・能登麻美子
・田中敦子
・皆口裕子
・小杉十郎太

●漫画・映像●
・ARIA
・藤原ここあ作品
・ネギま!
・スパイラル~推理の絆~ &アライヴ
・喧嘩商売
・空手小公子
・女神の鬼
・少女ファイト
・ヒャッコ!
・初恋限定。
・陰陽大戦記
・ベイブレード シリーズ
・舞-HiME プロジェクト シリーズ
・学園ユートピア まなびストレート!
・ひだまりスケッチ
・けいおん!
・セラフィムコール
・機神大戦ギガンティック・フォーミュラ
・ゼーガペイン
・電脳コイル
・学園戦記ムリョウ
・夏目友人帳
・巷説百物語
・蟲師(TV+漫画)
・ホーリーランド(ドラマ+漫画)
・R.O.D.(THE TV & OVA版)
・攻殻機動隊(映画版除く)
・花舞台(NHK古典芸能番組)
・X-ファイルシリーズ(神)
―他多数―

●ゲーム●
・アカイイト
・アオイシロ
・EVER17
・メモオフ
・アマガミ
・シスプリ
・NOel
・ICO
・零シリーズ
・PERSONA2・3・4
・パラサイト・イヴ2
・夕闇通り探検隊
・トワイライトシンドローム探索編・究明編
・クロックタワー1・2・ゴーストヘッド
・マリア~僕たちが生まれた理由~
・学校であった怖い話S
・ダークシード
・MISTシリーズ(CYAN社製作)
・鉄拳シリーズ
・サムライスピリッツ(特に天草降臨SP)
―他多数―

●お勧めアメフィグ●
-SPAWN-
・GUNSLINGER
・BLACK KNIGHT
・BLACK KNIGHT 3
・THE BLACK HEART
・SPAWN I.039(REPAINT)
・SPAWN Ⅳ
・SPAWN 10th ANNI
・MEDIEVAL SPAWN Ⅱ(RE)&Ⅲ
・hsi.2 RS 2(WAL-MART)
・THE DARK AGES I.023
・SKULL SPLITTER(R3)
・COGLIOSTRO REPAINT
・GRAVE DIGER(1&2)

-その他-
・Kenner 製 PREDATOR
・BLAIR WITCH(1st)
・RED RIDING HOOD
・REVOLVER OCELOT 1&2
フリーエリア
最新記事
(11/19)
(11/19)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
最古記事
最新コメント
[05/04 Charlesfum]
[03/31 Ahegomej]
[03/27 Asamurub]
[03/19 Aanasah]
[03/12 MichaelCem]
最新トラックバック
RSS
ブログ内検索
バーコード
カウンター
わたくし 第六天が、日常の出来事や好きなものについて自由に語る、まとまりのない雑記BLOG・・・もとい、チラシの裏にでも書いてろ的なBLOGです。
PAGE | 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、休日で、やる事もあったけど直ぐに片付いたんで、暇潰しにビデオ鑑賞。

今日は、TVドラマシリーズ「学校の怪談」をセレクト!!(うわあ、古い上にマイナーだね!)

学校の怪談G」(99年)

学校の怪談 呪いスペシャル」(00年)

学校の怪談 物の怪スペシャル」(01年)

 

では、作品別のお勧めストーリーを紹介。

学校の怪談G(TV放送は98年)
 

 第一話「食鬼

 これは・・・、感動系?

 食いしん坊の妖怪にとり付かれ、過食と拒食に苦しむ小学生の話。
 ある男の子に好意を抱く女の子が主人公なのですが、この二人は、それぞれ悩みを持っています。

 女の子は「過食」、男の子は「拒食」。
  というか、男の子の方は「食べたくても、勝手に食べ物が無くなる」という怪奇現象によるものなので、正確には「拒食」ではありません。

 そして、主人公の女の子はと言うと、過食の他に、悪夢の様な幻覚に悩まされます。

 まあ、文面からは良く分からないでしょうが、実際に観れば、このストーリーの謎は、序盤から理解できます。

 ぶっちゃけると、男の子の食べ物を片っ端から食べていたのは、事故によりプールで死んでしまい、妖怪(自縛霊?)となった主人公の女の子で、女の子の見ていた悪夢の様な幻覚は、自分が死んでいる事を理解していなかった女の子に、その事を伝えようとしていた、他の幽霊の仕業。

 物語後半、学校近くの踏み切りで、ビニール袋を被った男の幽霊(かなり不気味)が、女の子に耳打ちで真相を語り、彼女は全てを理解するのですが・・・・・・・、切ない。

 小学生、という年齢設定もあいまって、かなりの切なさを醸し出しています。 それに、不気味な幽霊も素敵です。 
 
「学校の怪談G」作品中、このストーリーが一番お気に入り。
 

 短編1「片隅

 これは、恐いというよりも、不気味!!

 物語はあって無い様なものなので、不気味さだけを楽しみましょう。

 校舎裏のウサギ小屋で、ウサギの世話をしていた二人の中学生の女の子。
 そのうちの一人(仮にA)が、鎌で怪我をしてしまったので、保健室に行きます。
 それを、暇そうに待っていた女の子(仮にB)、そんな時、校舎裏の雑木林から奇妙な声が・・・。

 ・・・絆創膏をもらって、戻ってきたA。 軽く謝りながら、ウサギ小屋の方へ。

 しかし、そこには凄惨な光景が広がっていました。

 ボロボロになった小屋、付近に残る血痕、無残に食い荒らされたウサギの死骸。

 そしてその時、校舎の片隅、雑木林から奇妙な声とともに、白いワンピースを纏った女ゾンビが・・・!!
 追い詰められ、腰を抜かすA。 ふと横を見ると、ボロ雑巾の様なBの姿が・・・、そしてなんと、彼女もゾンビとなってこちらを睨み付けて来るではありませんか!!(Gガンダムのストーカー風)

 Aの顔をアップに、徐々に暗転する画面・・・・、恐怖です。
 
つーか、意味が分かりません。 なんでゾンビ!? 

 ・・・・・まあ、そんな理不尽さがイイ訳ですが。
  

 短編2「4444444444

 上手く説明できません。 ただ、初見では結構ビビります。

 呪怨くん?みたいな男の子の霊(妖怪)が、これまた校舎裏で、奇妙な携帯を拾った若者をビビらす、という話ですね、簡単に言うと。

 

 
・学校の怪談 呪いスペシャル

 第一話「恐怖心理学入門

 「暗示により、幽霊を見る事が出来るか?」という、心理学の広義の一環として実験の協力をする事になった、全く幽霊を信じない若者・佐藤が主人公のホラー。

 若かりし頃の藤井隆が、脇役として登場します。(レア?)

 実験の一環として、日々自分の住む部屋(自殺者が出たと言うアパートの一室)を撮影する佐藤。
 そんな事を続けている内に、彼の周囲に謎の女が出没するようになります。

 最初は平気のへの左、余裕を持って実験を楽しんでいた佐藤ですが、段々と近付いてくる謎の女に       恐怖を感じる様になり、次第に悪夢に悩まされる様になり・・・。

 そしてある日、ノイローゼ状態で弱りきり、大学のホールでぼうっとしていた佐藤の前に、あの謎の女が現れます。

 必死に追いかけ、捕まえる事に成功した佐藤。

 しかし、その女は幽霊などではなく、大学の演劇サークルの女の子。

 つまり、今までの事は全て、「幽霊を全く信じない者が、暗示によって幽霊の存在を感じるようになるか?」という、教授の悪趣味な実験だったのです。

 それを聞き、驚きと安心感で放心状態となる佐藤。 どうやら、友人達もこの実験に協力していたらしく、佐藤の身の回りで起こった怪奇も、彼等の手によるものでした。

 

 そして、場面は教授の部屋に。

 女幽霊役を演じた子と教授、佐藤の部屋に設置していたビデオを確認する二人。

 そこに映されていたのは、佐藤の留守中、トンカチを持って部屋の中を徘徊する女。
 そして、その女は、佐藤が帰ってくると同時に押入れに隠れます。

 「いやあ、凄いなあ。 君、こんな事までやったの?」

 「いえ・・・、私、コンビニ前で彼を待ち伏せたりはしましたけど、部屋の中にまでは入ってませんよ・・・?」

 「え? じゃあ、これは・・・」

 

 場面が変わり、自室の窓から、ぼうっと外を見つめる佐藤。

 犬が、何かに向かって吠えています。

 そして瞬間、佐藤の体に女の四肢が纏わり付き、恐ろしい動作で窓を・・・・!

 

 この話は・・・かなり恐いです。 最初このラストシーンを見たときなんか、悲鳴を上げそうになるかと・・・。

 でも、恐い分秀作!! 今作品中、最高です。

 

と、用事が出来たので、今日はここまで。 では。

PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)月夜を闊歩 ブログ管理者 第六天
Blog Skin by TABLE E.NO.CH