忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
リンク
アーカイブ
プロフィール
HN:
第六天
HP:
性別:
男性
趣味:
夜の散歩・長距離サイクリング、TVゲーム、アメリカンフィギュア収集、レゴブロックいじり
自己紹介:
レゴブロック・お城シリーズとアメリカン・フィギュア及び武装神姫、PSのB級ホラー・アドベンチャーゲームをこよなく愛する紳士です。

●アーティスト・バンド●
・ASH
・Limp bizkit
・マリリン・マンソン
・ナタリー・インブルーリア
・LUNASEA
・PIERROT
・再結成する前のL'Arc‐en‐Ciel
・YKZ
・tohoko
・OLIVIA
・新谷良子
・marble
・妖精帝國

―他多数―

●尊敬する人物●
・李 書文
・李 連杰(ジェット・リー)
・小杉十郎太(声優・モルダー!)
・徳山秀典(俳優・伊沢マサキ役等)
・東方不敗マスターアジア(王者の風)
・サーマート・シリントゥ(無敗王者)
・夜行妃古壱(弐号立会人)
・伽羅(元・零号立会人)

●尊敬するボクサー●
・粟生隆寛
・佐藤幸治
・長谷川穂積(人となりが好き)
・クリスチャン・ミハレス
・ナジール・ハメド
・フロイド・メイ・ウェザーJr
・シュガーレイ・レナード

●好みの声/憧れる声●
・能登麻美子
・田中敦子
・皆口裕子
・小杉十郎太

●漫画・映像●
・ARIA
・藤原ここあ作品
・ネギま!
・スパイラル~推理の絆~ &アライヴ
・喧嘩商売
・空手小公子
・女神の鬼
・少女ファイト
・ヒャッコ!
・初恋限定。
・陰陽大戦記
・ベイブレード シリーズ
・舞-HiME プロジェクト シリーズ
・学園ユートピア まなびストレート!
・ひだまりスケッチ
・けいおん!
・セラフィムコール
・機神大戦ギガンティック・フォーミュラ
・ゼーガペイン
・電脳コイル
・学園戦記ムリョウ
・夏目友人帳
・巷説百物語
・蟲師(TV+漫画)
・ホーリーランド(ドラマ+漫画)
・R.O.D.(THE TV & OVA版)
・攻殻機動隊(映画版除く)
・花舞台(NHK古典芸能番組)
・X-ファイルシリーズ(神)
―他多数―

●ゲーム●
・アカイイト
・アオイシロ
・EVER17
・メモオフ
・アマガミ
・シスプリ
・NOel
・ICO
・零シリーズ
・PERSONA2・3・4
・パラサイト・イヴ2
・夕闇通り探検隊
・トワイライトシンドローム探索編・究明編
・クロックタワー1・2・ゴーストヘッド
・マリア~僕たちが生まれた理由~
・学校であった怖い話S
・ダークシード
・MISTシリーズ(CYAN社製作)
・鉄拳シリーズ
・サムライスピリッツ(特に天草降臨SP)
―他多数―

●お勧めアメフィグ●
-SPAWN-
・GUNSLINGER
・BLACK KNIGHT
・BLACK KNIGHT 3
・THE BLACK HEART
・SPAWN I.039(REPAINT)
・SPAWN Ⅳ
・SPAWN 10th ANNI
・MEDIEVAL SPAWN Ⅱ(RE)&Ⅲ
・hsi.2 RS 2(WAL-MART)
・THE DARK AGES I.023
・SKULL SPLITTER(R3)
・COGLIOSTRO REPAINT
・GRAVE DIGER(1&2)

-その他-
・Kenner 製 PREDATOR
・BLAIR WITCH(1st)
・RED RIDING HOOD
・REVOLVER OCELOT 1&2
フリーエリア
最新記事
(11/19)
(11/19)
(05/31)
(05/31)
(05/31)
最古記事
最新コメント
[05/04 Charlesfum]
[03/31 Ahegomej]
[03/27 Asamurub]
[03/19 Aanasah]
[03/12 MichaelCem]
最新トラックバック
RSS
ブログ内検索
バーコード
カウンター
わたくし 第六天が、日常の出来事や好きなものについて自由に語る、まとまりのない雑記BLOG・・・もとい、チラシの裏にでも書いてろ的なBLOGです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時と共に変化していく物。 ハオ、第六天です。



最近、だいぶんポエマーな内容のブログになってしまっている『月夜を闊歩』
ブログを始めて、もう6年半・・・・色んな記事が積み重なり、これも一種の経年変化と言うものでしょうか。

ポエムな内容ばっかじゃアレなので、勿論、今日これから書くことのように物の話とかもしちゃいます。


『経年変化』

読んで字の如し、です。

レザーや、シルバー製品、デニム生地など、最も解り易い例ですね。

ただ、今日まっさきに記すのは、真鍮製品の経年変化。

僕が2年近く愛用しているHTC EUROのウォレットチェーン『KEYRING STUDDED TONGUE』についてです。


写真などは無いのですが(新品時代の画像もないので)、かなり変わりました。
というか、変化の最中といった感じです。

新品の頃は、真鍮の部分全体にブラックで色加工が施してあり、『くろがね』という言葉が似合う、日の光で輝くことも少ない無骨なアイテムでした。

シルバーでいうところの激しく燻しがかかったような状態で、チェーンは細く・短く、どシンプルな喜平型で、大人の男を感じさせる佇まい。
そして、レザーのキーリング部分は、リザードを模した型押しと丸鋲が印象的な、HTCでありながらもスタイリッシュで、イタリアの風を感じさせるようなHTC EURO独特の気品が溢れていました。


そしてその商品を現在、2年使ってみて・・・・

まず、チェーン部分の色はボトムスとの摩擦でほぼ落ちてしまい、元もとの色味であろう、シルバー色に変化しました(純粋なシルバーではなく、どちらかというと白金色に近い感じです)

ですが、そこはデザインの妙なのか、ピカピカした色にはならず、鈍く光を反射するという、『男らしい佇まい』は健在です。
また、あまり擦れない部分は、微妙に黒色が残っており、そのコントラストがたまりません。

フックの部分も、半年に一度は油をさして(ボクシング戦の合間に流れる、あの有名なヤツです)いるので、壊れる事無く開閉を続けてくれています。

こちらのフックもまた、角など、人の手や物に触れる部分の色が剥げ、いい感じに変化しています。


そして、このプロダクトの特徴であるキーリング部分は、ガチガチだった皮の部分が微妙に柔らかくなり、艶も抑え目になってきた感じがします。

鋲は一つも剥がれ落ちる事無く、リザード型押しの部分を固定し続けてくれています。

買って直ぐ、車から降りる時にアスファルトの上に落としてしまい、先端が削れたのを覚えていますが、その部分は、今や周りの剥げてきた部分とうまい具合に同一化し、味を出すのに一役買ってくれています。


全長が50センチくらいで、全体的に細いため重量感も無く、値段も2万円を切るという、ある意味で『お手ごろ』『手軽』な商品ではありますが、手軽に使える物だからこそ永らく使え、愛着も湧き易いのではないかと思います。

使い易い(&値段が安い)=価値が無いって訳ではないんだなぁ、と、コイツを愛用してみて僕は感じました。


いつか、僕が愛するBWL製のシルバー・ウォレットチェーンを手に入れたとき、コイツを箱に仕舞ってしまう時が来るかも知れませんが、何年か経ったら、また再び使用するのでは・・・? そのくらい、愛着があります。

手に入れてからずーっと、同じくHTC製品の財布と共に使い続けているので、僕はコイツらを『夫婦』と形容しています。

ウォレットチェーンが男だとして、財布が女性。

どちらも物としては浮気性なので、それぞれが別のパートナーと過ごす時もあるだろうけど・・・
やっぱり僕から見て『理想的な』組み合わせである二つなんだな、と。


大事に長く使って、単体でも、セットでも、僕がじじいになっても選択肢の一つとして在り続けて欲しいもんです。


PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment

忍者ブログ | [PR]

(C)月夜を闊歩 ブログ管理者 第六天
Blog Skin by TABLE E.NO.CH